製品案内

薄板ばね

薄板ばね

理研発条工業では板厚0.05mmからの薄板ばね、プレス品を生産しています。

小型化されていく精密機器には不可欠な薄板ばね。

弊社では順送プレスによる、
安定した製品をお客様へお届けしています。

金型設計〜プレス加工まで、
自社生産によりコスト削減を図っています。

各種接点やアース、シールドケースなど実績多数御座います!また、薄板ばね以外にもプレス部品も、もちろん加工可能です。

ばね仕様やご相談もお気軽にお申し付け下さい。薄板ばね、プレス部品の試作もお受けしております。

薄板ばね・皿ばね・ウェーブワッシャ−等お気軽にご相談下さい。
一般材料から特殊材料まで対応をしています。

 
薄板ばねとは?

薄板ばねは一般的に板厚が1.0mm以下を指しています。

電池の接点やスイッチ、抜け止め金具、皿ばね等、様々な用途に使用されています。
ステンレス鋼帯が最も多く使用されていますが、接点ではリン青銅が多く用いられます。
また、高荷重が必要な製品は炭素鋼を使用する場合も有ります。

代表的なステンレス鋼帯
SUS301-CSP
SUS304-CSP

代表的な銅合金
C5191R
C5210R

代表的な炭素鋼
SK85-CSP

その他
SUS631-J1
ベリリウム銅
チタン銅合金