ばね教室

ばね指数とは

ばね指数について

ばね指数とは、

・ばねの加工性
・ばねの寿命(局部応力)
・ばねが自立するか

等、ばねを設計する中でとても重要な値となります。

ばね指数が小さいと「カチカチ」、大きいと「ふわふわ」なばねになります。一般的には、ばね指数が4〜22倍(冷間加工の場合)の範囲で設定することが望ましいです。

弊社では、ばね指数4倍以下、22倍以上でも加工を行っております。加工の可否につきましてはお気軽にお問合せ下さい。

ばね指数の求め方
コイルの中心径÷線径=ばね指数

ばね指数による「ばね」の違い
ばね指数が小さい場合 ばね指数が大きい場合

【ばね指数2.75倍】

【ばね指数36.5倍】
加工が困難となる 加工が困難となる
局部応力で折損し易い ばねの絡みが発生し易い
ばねが自立しない(倒れ易い) 変形し易い
ばね定数が高くなる場合が多い コイル径のバラつきが大きくなる
専用機が必要な場合もある ばね定数が低くなりやすい

※指数とは変動する代償の関係を数値で表したもの
例)物価指数、経済指数、統計指数等