ばね教室

ステンレスとは

ステンレスについて

今回はステンレスについて語ってみたいと思います。

ステンレスとはステン(錆)+レス(無)と言う意味です。ですが環境等により錆びる事も有り、正確には錆び難い材料となります。

ステンレスは鉄にクロム・ニッケル等の元素を加えた合金鋼です。鉄にクロムを添加することにより、表面のクロムが空気酸化して薄い緻密な皮膜が形成されるためです。

これを酸化皮膜(不動態皮膜)といいます。 酸化皮膜の厚みは数nmですので、非常に薄い皮膜です。

ステンレスの他に酸化皮膜ができやすい材料は アルミニウム、クロム、チタン、その他合金等です。

ばね用ステンレス線
オーステナイト系 SUS304
SUS316
析出硬化系 SUS631J1

ばね用ステンレス鋼帯
オーステナイト系 SUS302
SUS304
SUS304N1
SUS316
析出硬化系 SUS631J1

※JIS記号のSUSは、鋼(Steel)+用途(Use)+ステンレス(Stainless)の頭文字です。

オーステナイト組織