ばね教室

ばねの表面処理(鍍金・塗装)

ばねの表面処理(鍍金・塗装)について

鉄鋼系材料を使用したばねには表面処理が必要不可欠です。

なんといっても鉄は腐食され易く、
折損に繋がることも珍しくありません。

安価な処理では防錆油を塗布することもありますが、
ケミカルアタック(※)の懸念も考えられ耐食性も十分でない場合もあります。

(※成形部品に油やグリス等が付着した状態で応力が掛かると、割れが起こり易くなる現象のこと)

ステンレスでも潤滑性、
外観等のご要望があれば表面処理が可能です。

またバリの除去や疲れ強さ向上等、
ばねには多岐にわたる処理があります。

弊社がお勧めする表面処理の表を御参照ください。
n  表面処理診断 1 2 3
n  防錆が必要             ニッケルめっき三価クロメートクロムめっき
n  防錆油の付着は困る    ニッケルめっき三価クロメートクロムめっき
n  材質は鉄鋼ニッケルめっき三価クロメートクロムめっき
n  材質はステンレスバレル研磨処理ニッケルめっき不動態化処理
n  材質は銅合金又は純銅金めっきニッケルめっき塗装
n  材質はアルミニウムアルマイト処理クロムめっきニッケルめっき
n  通電性が必要金めっきニッケルめっき錫めっき
n  コストの安い処理が良い黒染め三価クロメート亜鉛めっき
n  表面硬度を高くしたいクロムめっきニッケルめっき 
n  潤滑性が欲しい潤滑鍍金ニッケルめっきクロムめっき
n  バリ・カエリを除去したいバレル処理ショットピーニングドライホーニング
n  ばねの疲れ強さを向上ショットピーニングドライホーニング 
n  識別管理用に色を変えたい黒色ニッケルめっき塗装 
n 半田付けをしたい錫めっき金めっきニッケルめっき
n 美観を求めているクロムめっきニッケルめっき三価クロメート

詳細仕様や処理のご相談等、お気軽にお問合せください。