社員ブログ

2018年10月

音楽フェスに参加

2018年10月10日

この度、メキシコでForce Festという音楽のフェスに参加してきました。
今回のフェスはいわゆるハードロック、メタルに分類されるようなグループばかりが参加する激しいものです。
正直、別に私はハードロックやメタルといったジャンルが好きという訳ではございません。
それでも今回参加した理由は、私が10年以上愛して止まないSystem Of A Downといったバンドがフェスに出るからです。
ご存じない方もいるでしょうが、System Of A Downはアルメニアがルーツのメンバーによって構成されたアメリカのバンドで、過去にはグラミー賞を取った事もある程の超人気バンドです。
ただ日本においては2001年のフェス以来、来日ライブの記録がありません。
私はとある機会からPsychoという曲を聴いて以来、ずっとSOADの虜でした。
他のバンドと何が違うか、音楽に浅学な為、具体的には語れませんが他のハードロックやメタルバンドとはどうしても受ける印象が違い、今の今までずっとファンでした。
そんな長年好きだったSOADがメキシコでライブをやると聞いたら行かない訳にはいきません。
片道5時間近く掛けて10/6に行って参りました。 


1044c6a3-22fe-498f-b326-b8ad361c0e1c.jpg



様々なバンドが参加しますが、上にも申し上げた通り別にメタルのファンではなく只々SOADが好きな私は、他には目もくれませんでした。
自分でももったいない気がしましたが、やはりそこまで興味を持てず、どうしようもありませんでした。
SOADの演奏が始まるのは23:15からと、早寝早起きを普段から心掛けている私からしたら辛いものがありましたが、演奏が始まったら眠気も吹っ飛んでしまいました。
Prison SongからI-E-A-I-A-I-O、更にはSoldier Side – Introを経てグラミー賞受賞曲B.Y.O.B.を畳み掛ける様に聞いた際には、もうここで死んでも良いとさえ思えました。
 
e78c0684-d284-4b93-869a-3993e5652768.jpg

 
ebe12ea9-356d-4110-b9e1-dde31a3dd10c.jpg






















他にもRadio/VideoやCigaro,ハマる切っ掛けになったPsychoなど大好きな曲がこれでもかと目白押しでした。
ただ夢のような時間はあっという間で、ライブが終わった時には私を含め辺りには喪失感が漂いました。
周りは腕はもちろん顔や頭にもタトゥーが入ったパンクな人達だらけで最初は気圧されましたが、間違いなく行って良かったと心の底から思える、人生の大切な思い出の一つとして刻まれた夢のような出来事でした。
皆さんもお時間があったら一度是非、System Of A Downを聞いてみてください。



                                       I藤