社員ブログ

2021.09.17

メキシコ独立記念日

 9月16日はメキシコ独立記念日です。

1810年9月16日に、グアナファト州のドロレス・イダルゴ市で独立革命が始まりました。
その1日前、9月15日にはミゲル・イダルゴという革命家が
教会のバルコニーから演説を発表しています。
その日を祝うため、毎年、独立記念日の前の夜の11時に、
大統領は国立宮殿のヴェランダから「ドロレスの叫び」を行います。

「我々に祖国を与えてくれた英雄たちよ万歳」と言った後、
各革命家の名前に万歳を叫びます。
名前と名前の間、観客たちは皆「ビバ!」と答えます。
式の後、皆はメキシコ料理を食べて、花火を見て、家族と友達で大きいパーティーをします。
食べ物について、この日は伝統的に皆「ポゾレ」というスープを飲みます。
ポゾレは大粒の白いコーンと豚肉の出汁のベースのスープです。
スープの出汁をとった後、人によっていろいろな具材を入れます。
レタス、オレガノ、玉ねぎ、大根、ライムなどがメジャーです。
どうしてポゾレが国立記念日の伝統的な食べ物なのかと言うと、
ポゾレには3色入っているからです。
その3色とは緑と白と赤。メキシコの旗と同じ色ですね。

花火は日本と全然違います。
日本の花火のイベントは規制が厳しいと思います。
花火師しか点火できません。
そして、どこでもやることができません。
メキシコは堅苦しくないと思います。
皆は自分で花火を買えるので、15日から16日まではいつでもどこでも花火が見えます。
けれど初めての人はすごく驚くと思います。危なくてうるさいですから。

国立記念日は年末の始まりを示します。
9月15日から多くの祭りが行います。

お問合せ・見積依頼

メキシコ工場

サイト内検索

Facebook

ご注文までの流れ

ばね教室


ISO認定企業

ものづくり